saki♪のAS・ADHD的なお話

AS(アスペルガー症候群)とADHD(注意欠陥多動性障害)を併せ持つsaki♪。障害ゆえの特性を中心に、気が付いたことや、番組や書籍の感想などを記述していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音符と昆布」

音符と昆布


昨日「音符と昆布」という映画を観る。

(これから観るつもりの方は、観てから読んでくださいね)

アスペルガー症候群の姉と嗅覚障害の妹の話。
あまりにタイムリー。
私は、アスペルガー症候群であり、今まさに(一時的に)嗅覚障害(状態)。
嗅覚に障害があったらどれほど大変かってことがわかりながら、そして、もちろんアスペルガー症候群の大変さも痛いほどわかりながら鑑賞した。

映画自体は、うまいこと捉えたはると思うし、障害には素人さんが作らはった映画にしてはすごいなぁって思う部分も多かった。
映像の色合いがとてもきれいでカラフル。
洗濯物がカラフルやったり、雨戸(?)がカラフルやったり。
ポラロイドカメラの写真の空がとってもきれいやったり。

姉のパニックの時には何度もこちらまで、ビクッとなってやばかった。(苦笑)
私の場合は、パニック場面そのものより「音」の過敏から危なかったんやけど。
金属フックを金属カトラリー入れにぽんと入れるところとかね。
 #うぎぎぎぎ・・・・。(思い出しても固まってくる)

それでも好感を持って全編一生懸命のめり込むように観てた。

ただ、全く解説も読まず、前知識ゼロで観たら、さっぱりわからへんかったかも。
実際、終わった直後、あるオバサンが旦那さんらしき人に、「あんたおもしろかった?」「うん」「へえ?私さっぱりわからへんかったわ」って。
う~む、なんでこの映画観はったんやろう?
地味な映画やから宣伝もないし、私の住む県では上映館もない。
近県の映画館でも夜1回上映のみ。
だけど、こういうテーマの映画がだんだん増えてきてるのはええことやと思う。

そうそう、私にはまだまだ物足りん!!という強烈な感想が。
というのは最後に子守歌の完成曲が演奏されるって信じ込んでただけに、「え?終わるの?なんで?なんで?」と言い続けた私。
それまで、映画の中で出てきた鍵盤ハーモニカのメロディーを階名で口ずさんでそれにどの音が入ってどんな曲になるのか楽しみにしてたのに。
ううう。
そんな、アホな・・・。
ううう、なかなか映画館から出られへん私。(苦笑)

これ以上書くと、ネタばれになり過ぎるので終わることに。
ここまででも、アカンかったかな。(^o^;)


=コメント=

投稿:空音

私もネタバレ?

レインボーおやじさんのブログを読むと詳細がわかるかもですが。
http://bokuumi.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_85cd.html
監督さんの息子さんがアスペルガーで息子さんのことも映画のモデルになってるようです。

子守唄の完成形は映画を見た人それぞれが想像してくださいなってことかもね。
それを形として聞かせるよりも深いものを感じてほしいという意図なのかもね。

監督さんは初日の舞台挨拶で
「こんなふうにひたむきに生きている人たちが実際にいるんです。だから福祉を削らないで!」
ということをおっしゃってたのが印象的だったよ。
( 2008年02月09日 21:22 [編集] )

----------------------------

投稿:saki♪

遅うなってしもたぁ!

●空音~‥…★

返事がめちゃ遅くなってしもてごめんね。
すぐ読ませてもろてたし、教えてもらったブログも行ってみたよ。

やっぱり完全な素人さん(?)ではなかったんやね。
どうりで・・・。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。