saki♪のAS・ADHD的なお話

AS(アスペルガー症候群)とADHD(注意欠陥多動性障害)を併せ持つsaki♪。障害ゆえの特性を中心に、気が付いたことや、番組や書籍の感想などを記述していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書スタイルについて。

あまりに長い間更新していなかったら、広告だらけになっていた。(苦笑)
それすら知らんかったけど、1ヶ月以上更新がないと広告が現れるらしい。
というわけで、久しぶりに書いてみます。

先日から、私のトイレでの読書は「僕の妻はエイリアン」やった。
ついに読み終わったんで、感想は別立てで書くわね。

今は私の読書スタイルについて書いてみるわ。
トイレでの読書というのは、トイレに置いている本のこと。
トイレでしか読まない本のこと。

私には、いろんなこだわりがあるんやけど、読書形体もその一つかな。
基本的には、私の読書はベッドの中ってことに子どもの頃(?)から決まっている。
後は、電車などの乗り物の中。
喫茶店などの待ち時間。
以前はお風呂でも読書してた。(今はちょっと止めてるけど、また再開するかも)
まれ~に、こたつやソファですることもあるけど、ほんとにそれはまれ。
そして、もう一つがトイレ。
トイレには小さい本棚があり、そこは私のかなりのお気に入りの空間となっている。

1.jpg  3.jpg  トイレ3


以前の家にも、そのまた前の家にも本棚というものは設置してた。
私にはかなり重要なアイテム。
そして、その中にはこれから読もうかな~って思ってる本が並んでる。
基本的に借り物の本は並べない。
やっぱりイヤやろうから、エチケットとしてね。(笑)

トイレの中で読み始めた本は、トイレの中でしか読まない。
それはどんなにドキドキワクワクする内容で、次が早く読みたくてうずうずしてもそう。
そして、トイレは基本的に用を足すときしかいかない。
つまり、読書にだけ入るということはない。

私がトイレに行きたくなったとする。
それは大でも小でもそう。(きれいやない話でごめんなさい)
普通通りドアを開ける。
すると当然、本が目に入る。
もう続きが読めることにワクワクして私は下着を下ろすよりも早く、まずは本を手に取って座る。
当然、用も足すけど、それよりも読書がワクワクして思わず読書に先にふけってしまうこともある。
当然、用を足した後もずうっと読書を続けていることも多々ある。
それが困ったことに、トイレに入る前に何か用事をしてたり、ましてや急ぎの用事やったりしても、トイレの空間に入った瞬間にそんなことは忘れ去られ、読書に浸る。

最初の頃は、私がなかなかトイレから出てこないので、夫であるなおさんが心配して、「saki♪~大丈夫?」とか声がかかってた。
今ではもうわかりきってるから、あららまた読書やなぁぐらいにしか思われてないやろうけどね。

まあ、大きな支障がなかったらこれは私の楽しみの一つになってる。
そうやって、毎日、こつこつ少しずつ少しずつ読み進めてる本には、それなりの愛着もできる。
読み終えた時の感慨もひとしお。
 #そんな大げさなもんでもないけど~。(笑)

そして、また次はどの本にしようかな~ってドキドキワクワクするのでした。

ちなみに、すぐ忘れてしまう私なので、どこから続きを読むかは重要。
以前はしおりを挟んでるだけやったけど、それやと見開き2ページのどの辺かわからへん。
下手したら、どこからやったやろう?って右端から読み始めるんで、同じ2ページのどこかで終わってしまう。
すると、また次回読むときに同じ見開き2ページで、また右端からってことで終わらへん。
そこで、今は次に読み始める行のところに付箋を貼り付けてる。
それなら、その行から読めばええからね。

それが私のトイレ読書。

後は、ベッドでの読書。
一番多いのは、寝る前の就眠儀式としての読書。
恐らく小学生ぐらいの時は既にそうしてた気がする。

ベッドの中で横を向いて読書しながら眠気が来るのを待つ。
早い時は、まもなく眠ることもあったし、反対に眠れへんときにはそのまま朝を迎えることも多々あった。
手に持ったまま眠って、目覚めたら同じ角度で持っててそのまままた続きを明け方読むってパターンもあった。
それを小学生の時に習慣づけたもんやから、読書をしようとすると、わざわざベッドに横にならんとあかんという弊害も。(苦笑)

後の茶店や電車の中っていうのは説明いらんよね。
ただ、絶対それはなくてはならいないもので、例外は許されず、忘れた時が大変。
茶店や電車に入る前に、まずは書店で本を買い求める必要がある。(苦笑)
そんなわけで、とにかく私の持ち物の中に必ず本が必要なのでした。

以上、saki♪の読書スタイルの紹介でした。
みなさんはどうなんやろう?


=追伸=
今気付いたけど、以前にもトイレについては書いてたんやね。
http://sakifoo.blog88.fc2.com/blog-entry-9.html
すっかり忘れてる私って・・・。(苦笑)

この時いろいろ書いてたのは、まだ前の家の時。
そこから引っ越した先のトイレが今回の画像です。


=コメント=

投稿:ゆっち

わたしも本を読むのはベッドの中だなぁ。
でも、すぐ眠ってしまうのでなかなか進まない(笑)。
漫画だったら寝ないで読めるんだけどね。
ぶっちが起きてるときは、気が散って読めないし
乗り物の中とかでも、ちっとも読めないの。
図書館でも気が散って殆ど読めないの。
今度トイレでの読書に挑戦してみようかな。
一度もやったことないんだけど。

( 2007年11月23日 01:16 [編集] )

----------------------------
投稿:saki♪

オススメよ~!

ゆっち~‥…★

コメントありがとうね。
私もベッドの中ではすぐ眠ってしまうな。
ほとんどね。

トイレの中はすごいオススメ。
ただし、寒かったり暑かったりはアカンので、
まずは今の季節なら暖かさを確保することやね。(^○^)☆
( 2007年11月24日 09:42 [編集] )

----------------------------
投稿:ゆっち


とってもキレイで可愛らしいトイレですね♪
いいなぁ・・・。
我が家のトイレも可愛らしくしようかなぁ・・
( 2007年11月23日 01:18 [編集] )

----------------------------
saki♪

こちらも、

●ゆっち~‥…★

こちらもオススメよ。
トイレは狭いから手軽に快適空間が作りやすい。
問題は同居人とのかねあい。
ぶっちが大丈夫なもので、ゆっちがくつろげる空間になったらいいね。
ゆっちなら、青いガラス係の雰囲気とかね~。
今は寒いかな?
( 2007年1月24日 09:44 [編集] )

スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。